小磯良平(こいそりょうへい)

古典主義の最も良質な部分を貫き通し、卓抜な描写力と典雅な色彩で描いた人物、とりわけ女性像に定評があった。

小磯良平 略歴

明治36年(1903)-昭和63年(1988)

神戸市に生まれ、同地で没。
大正14年
小磯家の養子となる。
昭和2年
東京美術学校西洋画科を卒業。
同3年
渡仏。
同7年
第13回帝展「裁縫女」が特選を受ける。
同11年
新制作派協会を結成、創立会員となる。
同39年
東京芸術大学で数年手がけてきた銅版画を初めて公開。
同49年
迎賓館の壁画「絵画」「音楽」が完成。
同58年
文化勲章を受章した。

小磯良平 代表作

  • 裸婦
  • 斉唱
  • 働く人々 etc
小磯良平 アート市場状況

人形・婦人像が人気がある。
婦人像でも外人より日本の女性が描かれている方が高値。

贋作度(5段階): 3
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

小磯良平 作品種類
  • 油彩、水彩、パステル、デッサン
小磯良平 鑑定機関
  • 小磯良平鑑定委員会
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索