小出楢重(こいでならしげ)

独自の様式化で明確なフォルムの裸婦の秀作を遺し、風景画においては心象表現を盛リ込んだ作風が異彩を放っている。

小出楢重 略歴

明治20年(1887)-昭和6年(1931)

大阪生まれ。兵庫県芦屋で没。
大正3年
東京美術学校卒業。
大正8年
第6回二科展「Nの家族」が樗牛賞。
翌年
「少女お梅の像」で二科賞を受賞。
同13年
鍋井克之らと大阪に信濃橋洋画研究所を創立、関西洋画壇の指導者として活躍した。

小出楢重 代表作

  • Nの家族
  • 寝台の裸婦 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ