児玉幸雄(こだまゆきお)

鮮やかな色彩と重厚なマチエール(素材)で細部にまで丁寧に絵具を重ねる独自の作風を確立した。
その中でも特に評価の高いのは、パリ風景、朝市を描いた作品。

児玉幸雄 略歴

大正5年(1916)-平成4年(1992)

大阪生まれ。東京で没。
昭和11年
全関西洋画展入選。田村孝之介に師事。
同12年
二科展人選。
同13年
全関西美術展で全関賞を受賞。
同14年
関西学院大学を卒業。
同25年
二紀会展で同人賞を受賞。
同39年
以降毎年渡欧しパリを中心にヨーロッパ風景を描きつづけた。

児玉幸雄 代表作

  • 広告塔のある町
  • パリーの広場 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ