小堀進(こぼりすすむ)

鮮やかな色彩と単純化した大胆な構図で風景を描いた。水彩画界の発展に大きな影響を与えた。

小堀進 略歴

明治37年(1904)-昭和50年(1975)

茨城県に生れ、東京で没。
大正12年
葵橋洋画研究所で学び、黒田清輝に指導を受ける。
昭和7年
白日会初入選。
同8年
以降二科展に出品。
同15年
水彩連盟を同志とともに創立。
同17年
第5回文展で初入選。
同26年
第7回日展から審査員を歴任。
同44年
日展理事となった。
同45年
第1回日展で日本芸術院賞を受賞。同年名占屋芸術大学教授に就任した。
同49年
水彩画家として初めて日本芸術院会員となった。

小堀進 代表作

  • 初秋水郷
  • 初秋 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ