鬼頭鍋三郎

鬼頭鍋三郎(きとうなべさぶろう)

アカデミックな画風で舞妓をはじめ、すぐれた描写力に支えられて自然のままに表現されている。

鬼頭鍋三郎 略歴

明治32年(1899)-昭和57年(1982)

愛知県名古屋市に生れ、同地で没。
大正12年
光風会展初入選し、岡田三郎助の指導を受けた。
同13年
第5回帝展初入選し、辻永に師事した。
昭和9年
第15回帝展特選。
同30年
日本芸術院賞受賞。
同37年
日本芸術院会員。日展顧問、審査員、光風会理事長などをつとめた。

鬼頭鍋三郎 代表作

  • アトリエにて etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ