北川民次(きたがわたみじ)

メキシコの風土や人々を描く独特の画風。

北川民次 略歴

明治27年(1894)-平成元年(1989)

静岡県生まれ。愛知県で没。
大正2年
早稲田大学を中退し、 アメリカに渡り、ニューヨークのアート・ステューデンツ・リーグでスローンに学んだ。
同12年
メキシコに移って、サン・カルロス美術学校を卒業し、ディエーゴ、リベーラ、才ロスコ、シケイロスらと交遊。
昭和6年
タスコの野外美術学校校長となリ、児童の美術教育に当たった。
同11年
美術学校を閉鎖し、帰国。翌12年第24回二科展に出品。
同51年
メキシコ政府よりアギラ・アステカ勲章を授与される。

北川民次 代表作

  • メキシコの三童女
  • 女のつどい etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ