岸田劉生(きしだりゅうせい)

近代日本絵画の巨匠。その名を高めたのが、愛娘、麗子の肖像シリーズ。
いわゆる「麗子像」によって、劉生芸術は開花したとも。

岸田劉生 略歴

明治24年(1891)-昭和4年(1929)

東京に生まれ、山口県徳山で没。
明治41年
葵橋白馬会研究所で学んだ。
大正4年
草土社を主宰。重苦しく克明な写実主義は、画堰に大きな影響をおよぼした。
後期の自分の娘をモデルとした一連の「麗子像」など多くの作品を発表。
同11年
春陽会に客員として参加。

岸田劉生 代表作

  • 馬小屋
  • 切通しの写生
  • 麗子微笑 etc
岸田劉生 アート市場状況

やはり「麗子像」が高値。風景画として鵠沼(現在の神奈川県藤沢市)を描いた作品も人気がある。

贋作度(5段階): 5
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

岸田劉生 作品種類
  • 油彩、水彩、デッサン
岸田劉生 鑑定機関
  • 岸田劉生の会
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ