木村荘八(きむらしょうはち)

油絵のほか、後年とくに新聞挿絵などで優れた仕事を遺している。

木村荘八 略歴

明治26年(1893)-昭和33年(1958)

東京生まれ。同地で没。
大正1年
フュウザンの結成に参加。
後期印象派など新美術の紹介にもつとめた。
大正4年
草土杜を創立。二科会、日本美術院洋画部にも出品。
同11年
春陽会に招かれ会員として活躍した。また挿絵画家としても知られた。

木村荘八 代表作

  • たけくらべ絵巻
  • パンの会
  • 牛肉店帳場 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ