木田金次郎

木田金次郎(きだきんじろう)

厳しい漁師生活のなかで北海道岩内周辺の自然を描きつづけ、既存の印象派とか後期印象派のイズムで分類できない独自の画境を切り開いた。

木田金次郎 略歴

明治26年(1893)-昭和37年(1962)

北海道生まれ。同地で没。
明治43年
有島武郎を訪問、激励されて画業への志しを抱きつづけた。
大正8年
有島武郎主催で習作展を開催。
昭和3年
満州、朝鮮を写生旅行。
同28年
第一回個展を開催。
翌29年
北海道文化賞、同32年には北海道新聞文化賞を受賞した。

木田金次郎 代表作

  • ノサップの灯台
  • 夏の岩内港 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ