鹿子木孟郎

鹿子木孟郎(かのこぎたけしろう)

堅実なデッサンと巧みな明暗の処理など、伝統的でアカデミックな作風。

鹿子木孟郎 略歴

明治7年(1874)-昭和16年(1941)

岡山県生まれ。京都で没。
松原三五郎につき、のち小山正太郎の不同舎に学んだ。たびたび欧米に遊学し、ジャン=ポール・ローランスに師事した。
堅実な手法で肖像画や風景画を描いた。高等工芸学校講師。
関西美術院院長をつとめた。

鹿子木孟郎 代表作

  • 新夫人
  • 月光 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ