金子國義(かねこくによし)

エロティシズム文学、不思議の国のアリスなどにインスピレーションを受け、その過激なまでのエロスの果てに現れる聖なるものを独自の解釈で描き続けている。
絵画のほか、作陶、写真、装丁、服飾などの創作活動も行っている。

金子國義 略歴

昭和11年(1936)-平成27年(2015)

埼玉県に生まれる。
昭和18年
蕨第一国民学校入学。
同27年
聖学院高校入学。
同30年
日本大学芸術学部入学。
同39年
独学で油絵を描き始める。
同42年
第1回個展「花咲く乙女たち」開催。
同49年
絵本「不思議の国のアリス」発刊。
同58年
版画集「オルペウス」発刊。
平成元年
画集「青空」発刊。
同6年
版画集「不思議の国のアリス」発刊。版画集「鏡の国のアリス」発刊。
同9年
グループショウ ヴェネチィア・ナビリオ画廊に出品。

金子國義 代表作

  • 気分を出して
  • 殉教 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ