金山平三(かなやまへいぞう)

優れた色彩表現と安定した画面構成で、日本の風景を卓越した技法で描いた。

金山平三 略歴

明治16年(1883)-昭和39年(1964)

神戸に生まれ、東京で没。
明治42年
東京美術学校を卒業。
同45年
ヨーロッパ留学。
昭和5年
第10回文展『夏の内海』が初入選で特選。
同10年
松田改組を機に画壇から離れる。

金山平三 代表作

  • 下諏訪のリンク
  • 最上川 etc
金山平三 アート市場状況

作品の中には金山らく(妻)のサインのものある。
小品でも50万~100万ほどする。

贋作度(5段階): 4
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

金山平三 作品種類
  • 油彩
金山平三 鑑定機関
  • 金山平三の会
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ