糸園和三郎

糸園和三郎(いとぞのわさぶろう)

シュルレアリスムに影響を受けた独特の作風で、自らの大病や身近な人の死を乗り越えて獲得した深い精神性があらわれています。

糸園和三郎 略歴

明治44年(1911)-平成13年(2001)

大分県生まれ。東京で没。
昭和4年
前田寛治写実研究所で学んだ。
同6年
独立展に出品を重ねた。
同15年
美術文化協会の創立に参加した。
同22年
白由美術家協会に参加した。
同39年
無所属となり、個展、現代日本美術展等で作品を発表した。

糸園和三郎 代表作

  • 黒い水・黄いろい水
  • 丘の或る日 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ