伊原宇三郎

伊原宇三郎(いはらうさぶろう)

古典主義風の重量感のある裸婦像など、数多くの人物画を制作した。またパブロ・ピカソに傾倒し、著書を著して日本にピカソブームを巻き起こした。

伊原宇三郎 略歴

明治27年(1894)-昭和51年(1976)

徳島市秋田町生まれ。
明治44年
大阪に移住、今宮中学校で折口信夫師事。
大正5年
東京美術学校西洋画科に入学、藤島武二に学ぶ。
同9年
第2回帝展に初入選し翌年卒業。
同15年
渡仏、サロン・ドートンヌ展に入選。
昭和7年
東京美術学校助教授、第13回帝展で特選を受賞。
同9年
帝展審査員となる。
同24年
日本美術家連盟に参加、初代委員長となる。
同35年
フランス政府より芸術文化勲章を贈られる。

伊原宇三郎 代表作

  • よろこびの曲
  • 椅子に寄れる etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ