福沢一郎(ふくざわいちろう)

社会風刺や文明批評を盛り込んだ作風で、歴史や神話など、様々なテーマを様々な表現技法によって追求し続けた。

福沢一郎 略歴

明治31年(1898)-平成4年(1992)

群馬県に生まれ、東京で没。
旧制二高から東京帝大文学部へ進んだが、彫刻を志して中退し、朝倉文夫に師事。 24歳で帝展初入選。
大正13年
渡欧し、ヨーロッパの古典画に接し絵画に転じた。
滞欧中に二科展、独立展に出品したシュールレアリスム調の絵画が大きな反響を呼んだ。
平成3年
文化勲章受章。

福沢一郎 代表作

  • 他人の恋
  • 科学美を盲目にする etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ