藤島武二(ふじしまたけじ)

ヨーロッパ帰国後は作風を一変させて骨格の太い重厚な油彩表現を展開した。後年は、東洋的な主題を扱う一方、各地の山や海を取材して数多くの風景画の秀作を残した。

藤島武二 略歴

慶応3年(1867)-昭和18年(1943)

鹿児島に生まれ。東京で没。
はじめ日本画を学ぶ。
明冶17年
上京。翌年川端玉章の門に入り、芳洲、玉堂と号した。
同23年
曾山幸彦をはじめ松岡寿につき、山本芳翠の生巧館で洋画の指導を受け、明治美術会に出品。
同38年
フランス・イタリアに留学。
同43年
帰国して東京美術学校教授となった。
大正13年
帝国美術院会員。
昭和9年
帝室技芸員。
同12年
文化勲章を受章した。

藤島武二 代表作

  • 耕到天
  • 天平の面影 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ