藤田嗣治(ふじたつぐはる)

乳白色の地塗をほどこした画布に、日本画の伝統的な線 描を生かした独自の技法で描き続けた。

藤田嗣治 略歴

明治19年(1886)-昭和43年(1968)

東京に生まれ、チューリッヒで没。
明治43年
東京美術学校を卒業。
大正2年
フランスに渡り、ピカソ、キスリング、モジリアニなどと交遊を重ねた。
エコール・ド・パリの有力な一員として脚光を浴びた。
昭和18年
朝日文化賞を受賞。
同30年
フランスに帰化。
同34年
力トリックの洗礼を受け、レオナルド・フジタと改名。

藤田嗣治 代表作

  • タピスリーの裸婦
  • アトリエの自画像
  • 我が室内 etc
藤田嗣治 アート市場状況

フランスにも鑑定家はいるが、日本では東美の鑑定書が必要。
よくあるトラブルで、海外で真作の作品を購入して、東美で鑑定が出ない場合もあるので注意。
少女、猫が人気。油彩なら小品でも1000万~2000万円する。

贋作度(5段階): 5+
* 現在流通している作品で偽物の流通度合を示したものです。
1~5段階で評価したものです。3~5段階つくものはかなり危険です。

藤田嗣治 作品種類
  • 油彩、水彩、版画、デッサン
藤田嗣治 鑑定機関
  • 東京美術倶楽部
    (鑑定機関は変わる場合もありますのでご注意下さい。)

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索