朝井閑右衛門

朝井閑右衛門(あさいかんうえもん)

戦後の洋画界の代表的な画家。具象画の第一人者であり、独創傑出の画家と言われる。

朝井閑右衛門 略歴

明治34年(1901)-昭和58年(1983)

和歌山県生まれ。神奈川県鎌倉市で没。
法政大学文学部を卒業し、独学で油絵を研究した。
昭和元年
第13回二科展初入選。同9年 光風会展入選。
同11年
文展「丘の上」で文部大臣賞を受賞。
同13年
新文展審査員、同22年光風会を退会し、新樹社を結成した。
同37年
国際形象展が組織され、同人となった。

朝井閑右衛門 代表作

  • 丘の上
  • 海辺の部屋 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ