浅井忠(あさいちゅう)

詩情あふれる自然主義の作風で知られ、また教育家としてもすぐれていた。

浅井忠 略歴

安政3年(1856)-明治40年(1907)

江戸に生まれ。京都で没。
黒沢槐山について日本画を学ぶ。
明治8年
彰技堂で国沢新九郎の指導を受ける。
同9年
工部美術学校に入学、アントニオ・フォンタネージに薫陶を受けた。
師の帰国後、同志と十一字会を結成して研究をつづける。
同22年
明治美術会を創立。
同31年
東京美術学校教授となる。
同33年
フランスに留学。
同35年
帰国後、京都高等工芸学校教授となり、京都に移った。
聖護院洋画研究所を設 け、のちに関西美術院に発展して院長となった。

浅井忠 代表作

  • 春畝
  • 収穫
  • グレーの秋 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ