郭仁植

郭仁植(カク・インシク) Quac Insik

和紙やガラス板、金属板などに、彩墨で繭が重なり合うような美しい空間を描いた作風。「もの派」の現代美術家に大きな影響を与えた。

郭仁植 略歴

1919-1988

慶尚北道大邱に生まれる。
1937年
韓国より日本に在住。
1939年
日本美術学校に入学。本科研究家卒(多摩美術大学・武蔵野美術大学の前身)。
1941年
日本美術学校本科研究科卒業。
1951年
第36回二科展入選。
1957年
美術文化協会展に出品。
1965年
第8回日本国際美術展に韓国から招待出品として出品。
1969年
サンパウロ・ビエンナーレに出品。
1976年
シドニー・ビエンナーレに出品。

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ