李應魯

李應魯(イ・ウンノ) Lee UngNo

墨竹(墨一色で描いた竹の絵) から始まり、『人間』シリーズに至るまで、伝統的な水墨画から抜け出し独創的な作品を描いた。

李應魯 略歴

1904-1989

忠清南道洪城に生まれる。
1924年
第3回朝鮮美術展覧会に入選。
1958年
55歳でフランスのパリへ。
1962年
初の個展をパリで。
1964年
パリの美術館内に東洋美術学校を設立。
1965年
第8回サンパウロビエンナーレで名誉大賞。

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ