金煥基

金煥基(キム・ファンギ) Kim Whanki

1930年後半から前衛的な活動を行ってきた韓国モダニズムの第一人者であり「韓国の抽象美術の父」とも呼ばれています。

金煥基 略歴

1913-1974

全羅南道 新安群 箕佐面に生まれる。
1933年
日本大学美術学科へ入学。
1948年
劉永国(ユ・ヨングク)、李揆祥(イ・ギュサン)らと「新事実派」を結成。
1963年
第7回サンパウロ・ビエンナーレに韓国代表として参加。絵画部門で名誉賞を受賞。同年ニューヨークに渡る。
1964年
J.D.ロックフェラー三世財団より1年間奨学金を授与される。
1970年
韓国日報主催の第1回韓国美術大賞展で大賞受賞。

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ