田村能里子(たむらのりこ)

たくましく生きるアジアの女性たちの「おだやかさ、しなやかさ」をテーマに描き続けている。

田村能里子 略歴

昭和19年(1944)-

愛知県に生まれる。
昭和41年
武蔵野美術大学油絵実技専修科卒業。
同44年
インドに滞在。大地に生きる人々を描く。(~同46年)
同58年
現代の裸婦展グランプリ受賞。
同61年
文化庁芸術家在外研修員として中国に滞在。
同63年
西安のホテル「唐華賓館」壁画を制作。
平成7年
バンコクに滞在。(~同10年)

田村能里子 代表作

  • 鳥と女
  • 風に聴く
  • 樹の声
  • 狐のとき etc

主な取り扱い作家

主な取り扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ
美術品お探しへ

検索