大藪雅孝(おおやぶまさたか)

描く画題は花鳥、静物、風景、人物また陶芸をも試み多岐にわたる。
材質、技法にもこだわらず混合技法で制作を続けている。

大藪雅孝 略歴

昭和12年(1937)-

ソウルに生まれる。
昭和17年
家族とともに帰国、実家のある香川県善通寺に帰る。
同31年
東京芸術大学に入学、在学中第22回新制作協会で初入選。
同35年
同校卒業。安井賞候補新人展に出品。
同37年
第6回シェル美術展で佳作賞を受賞。
平成2年
東京芸術大学教授となる。

大藪雅孝 代表作

  • 讃岐富士 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ