塗師祥一郎

塗師祥一郎(ぬししょういちろう)

主に雪景色を主題にした風景を写実的に描き続ける作風で知られている。

塗師祥一郎 略歴

昭和7年(1932)-

石川県生まれ。
昭和27年
日展初入選。
同28年
金沢美術工芸大学洋画科を卒業。小糸源太郎に師事。
同37年
第48回光風会展でクサカベ賞。
同46年
日展にて特選。
同51年
日展会員となる。
同57年
第14回日展で日展会員賞。
平成15年
日本芸術院賞を受賞し、日本芸術院会員となる。
同20年
旭日中綬章を受ける。

塗師祥一郎 代表作

  • 待春の水辺 etc

主な取扱い作家

主な取扱い作家 ロゴ掲載している作家が中心ですが、その他の作家作品も買取をしております。
お気軽にご相談下さい。
美術品、絵画買取 出張査定へ
美術品、絵画買取 査定フォームへ